プロフィール

Chisako FUKUYAMA 
福山知佐子

http://chitaneko.cocolog-nifty.com/blog/

 

A brief summary of my career
Chisako Fukuyama
Lives and works in Tokyo

Education 
Graduated from Japanese Painting course in Musashino Art University, Tokyo

Solo exhibitions (Selection)
2012 KID AILACK ART HALL (Tokyo)
2008    Gallery Lamp  (Tokyo)
2004    Nakano ZERO public Gallery  (Tokyo)
2003  Ginza Ono Gallery  (Tokyo)
2002  Ginza Ono Gallery  (Tokyo)
1999    Gallery Fukuyama  (Tokyo)
1998    Gallery Miyasaka  (Tokyo)

Group exhibitions (Selection)
2011    Contemporary Art Festival in Faenza
2003    ICANOF Media Art Show  (Hachinohe City Museum , Aomori)
2000    Tama Integrated Art Exhibition, For Female Prinzewinners  (Tamashin Gallery , Tokyo)
1998    The Springtime Sougaten Exhibition  (Nihonbashi Takashimaya, Tokyo)
           Tachikawa International Art Festival  (Tachikawa LUMINE , Tokyo)
 
Book(writings)
2012 “Fureru Tachinoboru Kedamono no Flavone” (Suiseisya)
2009 “The Basics of Drawing ” (compilated by Atelier Heide , Natsumesha Publishing  Co., Ltd.)

Documentary Film
2004 "The World of  Chisako Fukuyama Painter"
   (directed by Masato INAGAWA, Broadcast through  SKY PerfecTV! and some CATV stations)

Lecture (Selection)
2005    Waseda Unversity
           Housei Unversity
           Hitotsubashi Unversity, "what is looking at, fragile moment"

Bibliography (Selection)
Talk with Hiromasa Ichimura (philosopher), "In the uncertain width of time"
              Attention, No.1, January 2007, p.14-25
"Distant, mad, barbed wire, rain drop, Into the inside" (essay)
              Subaru, May 2005 , p.68-69
Picture series for Suehirio TANEMURA (auther), "The signpost",
              Sizuoka Newspaper, July 2000-June 2001
"Touch, fragrant with flavone of animal" ――Dedicated to Kazuo OHNO(essay)
              Gendaishitecyou, September 2010 , p.54-56

 

 

 

 

画家

 

1998年 個展 画廊宫坂(東京 銀座) 画家紹介文を詩人吉増剛造氏が執筆。作品にインスピレーシヨンを受けた舞踏家大野一雄氏が個展会場にて舞踏。
1999年 画廊宫坂15年目の通過展
個展 ギャラリー福山(東京 銀座)
2000年 7月より一年間、種村季弘氏の静岡新聞連載エッセイ『道しるべ』のカットを描く。
立川国際芸術祭2000招待出品。
2001年 吉田文憲詩集『原子野』(砂子屋書房)のための写真及び装丁(第41回土井晩翠賞受賞)。
2002年 個展 小野画廊(東京 銀座)
2003年 ICANOF"プレ食間展 に写真を出品。
ICANOF"食間の光景/食間の廃景展"(八戸市美術館)に写真と絵画を出品。
個展 小野画廊(東京 銀座)
2004年 飯島章詩集『夢はそのさきにはもうゆかない』(ミッドナイトプレス)の装画及び装丁。
稲川方人監督によるドキュメンタリー映画『たった8秒のこの世に、花を - 画家福山知佐子の世界』公開。早稲田大学、一ツ橋大学、法政大学、などの大学、研究機関で上映会、講演を開催。
若林奮『I. W 若林奮ノート』についての書評「洞窟の中から伸びてくる『黒い気体』、その振動する光の暗さの塊『概念』ではない『自然』、その『全体』に近づこうとしたI.W」を図書新聞に掲載。

福山知佐子展 なかのゼロ展示ギャラリー (東京 中野)

花輪和一、宮西計三作品展同時開催。
詩人吉田文憲、画家漫画家花輪和一、批評家丹木葦夫らと同人誌の『あんちりおん』を創刊。ジャンルを超えた芸術総体の中での異才で創る本を目指す。執筆者は他に画家漫画家宮西計三、詩人稲川方人、佐藤美奈子、批評家 岡村民夫。
2005年 写真家沢渡朔氏とのコラボレーション。
『すばる』5月号(集英社)にエッセイ『遠い、泥、有刺鉄線、雨滴の内部へ - 沢渡朔に』を執筆。
吉田文憲著"宮沢賢治妖しい文字の物語"装丁。
一ツ橋大学にてドキュメンタリー映画上映、講演、思想家鵜飼哲氏との対話。
2006年 早稲田大学の授業で講演。
『あんちりおん』2号発刊。執筆者は福山の他に吉田文憲、花輪和一、丹木葦夫、詩人藤井貞和、写真家沢渡朔、詩人布施直人。
吉田文憲詩集『六月の光、九月の椅子』(思潮社)の装丁(2007年度山本健吉文学賞受賞)。
2007年 雑誌『attention1』にて思想家市村弘正氏と対談。
2008年 個展 (東京 四谷)
2009年 『デッサンの基本』(ナツメ社)ディレクションと執筆。

『福井桂子全詩集』(かまくら春秋社)カヴァー画。
ドイツを放浪。『デッサンの基本』のモデルをしてもらったStefanの写真と映像を撮る。

2010年 大野一雄頌 「ふれる、立ちのぼる、けだもののフラボン」『現代詩手帖8月号』。
2011年 イタリア ファエンツァ コンテンポラリーアートフェスティヴァルFestival arte Contemporanea di Faenza に絵画を出品。

斎藤恵子詩集(思潮社)『海と夜祭』カヴァー画。

2012年 台湾花王の季節限定販売の洗剤「ベルサイユの庭園」のパッケージ、販促グッズ(ポスター、ノートなど)のためのイラスト(薔薇とパンジー)

個展 (KID AILACK ART Hall 5Fギャラリー 東京)

『反絵、触れる、けだもののフラボン――見ることと絵画をめぐる断片』(水声社)出版。

 Dancing Kazuo Ohno 大野一雄
 Dancing Kazuo Ohno 大野一雄
Dancing Kazuo Ohno 大野一雄
Dancing Kazuo Ohno 大野一雄
水沢勉先生と
水沢勉先生と
毛利武彦先生、毛利やすみ先生と
毛利武彦先生、毛利やすみ先生と
谷川俊太郎先生と
谷川俊太郎先生と
遠藤賢司さんと
遠藤賢司さんと
阿部弘一先生と
阿部弘一先生と
With Isamu Wakabayashi  若林奮先生と
With Isamu Wakabayashi  若林奮先生と
With Yukio Nakagawa  中川幸夫先生と
With Yukio Nakagawa  中川幸夫先生と
高橋睦郎先生と
高橋睦郎先生と
With Seijyun Suzuki 鈴木清順先生と
With Seijyun Suzuki 鈴木清順先生と
With my partner  左:同居人 右:作家
With my partner 左:同居人 右:作家